肌が汚い

肌が汚い原因

 

肌が汚いのは、クレンジングよりも適切なスキンケアが行われていないことに原因があるようです。
 むしろ洗い過ぎによって肌が汚くなることが多いです。汚れが落ちないからとゴシゴシとこすったり、何回も洗うことで、もともと肌に備わっている大切なものまで落としてしまうからです。 

 

 肌の汚れには様々な原因がありますが、トラブルの種類によってケアの仕方が違います。
 肌を綺麗にする方法を用途ごとに、適切なクレンジングをしていること前提で、お話します。

 

 ニキビなどの肌荒れの原因は、肌の表面だけではなく、生活習慣にも大きな大きな原因があります。仕事で忙しい現代の女性ですが、いつもピリピリしては肌も休まりません。特に大人になってからニキビや吹き出物が出やすかったりする場合は、大抵睡眠がろくに取れなかったり、きちんと食事を取れてないことが大きな原因になることが多いです。

 

 毛穴の黒ずみは、ちゃんと角栓を落としていないことに原因があります。角栓落としのアイテムを使って、角栓を落としてください。酸素洗顔料もおすすめ。
 ですが毛穴が開いたままだと、また汚れが溜まっていきます。角栓を落としたあとに、毛穴のまわりの乳液やクリームで保湿をしっかりしてください。肌がふっくらした分、毛穴が小さくなり、黒ずみにくくなります。

 

 肌の乾燥はは水分が少ないのが原因なので、化粧水だけではなく美容液もしっかりと使います。大切なのは、けちらず適量に使うことです。乳液やクリームで潤いを逃がさないようにフタをしましょう。

 

 シミの原因は紫外線の当たり過ぎに原因があるようです。一度できると落ちにくいのでまず、作らないことが大切です。外出する時だけではなく、家の中でも用途に合わせて日焼け止めなどのUVケアを忘れないように。できれば夏でも薄めの長袖で過ごしたほうが紫外線予防になります。もしシミが出来てしまった場合は、美白化粧品を根気よく使うこと。落ちないものはレーザー治療で治すという方法があります。

 

 肌を適切にケアして、トラブル知らずの美肌ライフを送りましょう。

 

肌をきれいにする化粧品はここから

 

おすすめクレンジングマナラ